FC2ブログ
健康と美肌のお店での出来事
プロフィール

リフレ一宮店

Author:リフレ一宮店
愛知県一宮市にある、整体&リラクゼーションのお店、「リフレ一宮店」です。

当店の特徴といたしまして、来店される方の9割以上が女性のお客様です。

一宮駅からも近く、スーパーの中にあるのに全部屋完全個室になっております。

駐車場も他のスーパーよりも、1台分のスペースが広いので女性でも駐車しやすいと思います。

不思議で怪しい整体もあります(笑)
東海地区では、当店以外では受けられない整体ですので、一度ホームページをご覧ください。
ホームページはこちらから。
http://refre-ichinomiya.jimdo.com/

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

大好きなばーちゃん
皆さんこんにちは。
誕生日は鳥カツ定食を1人で食べた髭の店長です。


臨時休業のお知らせをさせていただいた時に、
何となく気が付いている方もいるとは思いますが、
5月15日、ばーちゃん逝ってしまいました。

5月15日16時28分にかーちゃんから電話があり、

母 「伯父さんから電話があって、今から来れるか?と言われたから病院行くけど、あんた来れる?」
僕 「今からお客様だから無理」

僕 「なんて伯父さんに言われた?」
母 「ただ今から来れる?としか言われてない」
僕 「終わったら行く」

電話を切った後凄く迷いました。
ご予約が16時30分から入っていたので直ぐにご来店の予定。
ご来店されたら事情を説明してお断りさせていただこうか・・・

でも、ばーちゃんは僕と会うと
「精出して働かないかん」「直樹の仕事はお客様あっての仕事だからお客様は大切にしないかん」
と、毎回言っていました。

その言葉が頭に浮かぶので、お断りして行っても喜ばないと思い、
予定通りお客様を待ちます。

お客様10分遅れてのご来店です。
施術が終わり、急いでお店を閉めて病院へ。

高速道路を使いましたが道が混んでいて予定より時間がかかりました。
駐車場に着いた瞬間に母親から電話。

母 「あんた今どこ?」
僕 「今着いた」

母 「おばーちゃんさっき逝っちゃた・・・」
僕 「・・・・・・・・・」

母 「今おばーちゃん最後にキレイにしてもらっているから居ないから」
僕 「分かった」

車の中で1人ぼーっと待っていました。

ばーちゃんが戻ってきたと連絡があり部屋へ行くと、

伯父 「直樹の事を1番可愛がっていたから、嫌じゃなければ触ってやってくれんか?」
僕 「全然嫌じゃないよ」
めっちゃ涙を堪えました。

正直、お客様をお断りしていたら間に合ったかもしれません・・・
でも、ばーちゃん喜んでくれなかったかもしれません・・・
後悔・これで良かったなど複雑な気持ちになりました。

今でも複雑な気持ちのままです。

17日にお通夜で、18日にお葬式でした。

受付の横には、ばーちゃんの色々な写真があり、
その中に、以前ブログに書いた85歳の誕生日プレゼントにあげた、
僕とばーちゃん2人で撮った写真を似顔絵にしてもらった絵が飾られていて、
僕が見ていると伯父さんが、

伯父 「この絵、ばーさんが気にいってたから持ってきた」
僕 「2年前の誕生日にあげた」

伯父 「大事に飾ってたぞ」
僕 「・・・・・・」

他の親戚の方や、ばーちゃんの同級生の方から
「お孫さん?この絵いー絵だね」と皆さんに言っていただけました。

お通夜が終わり、
どーしてもしたい事があったのですが、勝手にしたらダメかな?と思い
喪主の伯父さんに聞きに行きました。

僕 「この写真ばーちゃんに持たせたいけどいい?」(似顔絵の2人で写っている写真です)
伯父 「おー!イッパイ持っとるのか?」

僕 「データーにあるから昨日店でプリントしてきた」
伯父 「ばーさん喜ぶわ」
僕 「でも棺桶の蓋閉まってるけど、今から入れていーの?」

横で聞いていた親戚の方が 「そんなもん開ければいいし、おばーさん喜ぶから気にしなくていい」と。

親戚の方も棺桶まで一緒についてきてくれて、
蓋を開けてくれるのを手伝ってくれました。

僕の勝手な行動なのに写真を入れてあげると、
「これは喜んでるわ」「おばーさん良かったね」と皆さんに言っていただきました。

お通夜の時に数珠を忘れる失態をしましたが、
お通夜・お葬式と終わりました。

泣いたらばーちゃんが安心してゆっくり出来ないと思い我慢するつもりでしたが、
お葬式では勝手に涙が沢山出てしまいました。

お葬式の後にばーちゃんの家に行きました。
どうしてもご先祖様と、じーちゃんのお墓参りがしたかったので。

じーちゃんが死んだ時には、お墓を造る為に納骨まで1年位かかりました。
でもばーちゃんはお墓があるので49日法要の時に納骨。

誰もいない家に1人でいるよりは、じーちゃんと同じお墓に入れば淋しくないかな?

じーちゃんのお墓を建てる時に、僕も少しですがお金を出しました。
ばーちゃんに渡す時に

僕 「これ少ないけど、じーちゃんのお墓に遣って」
ばーちゃん 「そんなんいらへんだわ。」「おじーさんお墓のお金は自分で貯めてただわ」

僕 「でも仕事忙しくて、じーちゃんに何にもしてあげれなかったで」
ばーちゃん 「誰もお墓のお金なんて渡しにきてないし、聞いてもこーへんから直樹が出す事ないだわ」

僕 「他の人は知らないけど俺が出したいから」
ばーちゃん 「それより、お墓できたら墓参りにきてやって」
僕 「いーから遣って」
やっと受け取ってくれました。

ばーちゃんの家に行くと色々思い出します。


厳しいばーちゃん・優しいばーちゃん・色々教えてくれたばーちゃん・草花が大好きなばーちゃん・
物を大切にするばーちゃん・気丈なばーちゃん・ご先祖様を大切にするばーちゃん・料理や裁縫が上手なばーちゃん・
働き者のばーちゃん・いつも僕を心配してくれてたばーちゃん・いつも僕の味方をしてくれたばーちゃん

大好きなばーちゃん。

大好きなばーちゃんとはもう喋る事ができません。
でも、いっつも僕の中にはいます。

ばーちゃんに言われた事・教えてもらった事を忘れずに、
これからも皆様のお手伝いができるようにしっかり働きます。

お葬式では30年以上振りに従兄弟とも会いました。
最後に会ったのは、従兄弟がまだ立てるか立てないかの時でした。
ばーちゃんが会わせてくれたのかな?

今回のブログで「亡くなった」という言葉を使っていません。
「亡くなる」という言葉は、生きている人の中から「居なくなった」時に遣う言葉、
という事を何処かの和尚さんが言っていた事を覚えていたのであえて遣わなかったです。

ばーちゃんが死んでから約2週間。
なかなかご報告出来ないで申し訳ありませんでした。

また明日からもしっかり働きますので、
皆様宜しくお願い致します。

まだまだ沢山書きたい事がありますがキリが無いのでここまでにします。
最後まで読んでいただき有難うございます。
スポンサーサイト
お知らせ
お知らせ

5月18日(金)は都合により臨時休業とさせていただきます。
翌19日(土)から通常営業となりますので、
ご迷惑をおかけしますが宜しくお願い致します。
急変
皆さんこんにちは。
最近、某コンビニのマカロンにはまっている髭の店長です。

ばーちゃんの容体が急変しました・・・

土曜日は、かーちゃんが言うには、
左手が紫色になっていて、血栓が出来ていたので薬を投薬中だったと・・・

目を開けていたので、
かーちゃんが「バスで来たよ」と話しかけると、
凄く苦しそうで声は出せないのですが、

「もう遅いから早よ帰れ」と口を動かしていたと。
かーちゃんが仕事が終わってから来ているのを知っているのですね。


そして昨日。
お医者さんから、
「もう肺がほとんど動いていない状態で、残りのほんの少しの肺で呼吸をしています。」
「危篤状態と思って下さい。」
「いつでも来れるようにしておいて下さい。」
と伝えられたと・・・

1日で悪い方に凄く容体が変わってしまいました。


お帰りの際に、次回のご予約をしてくれている方達にはお伝えしていますが、
もしかしたら臨時休業になったり、
閉店時間が早まる事があるかもしれません。

その際は、ご迷惑をおかけしてしまいますがご了承下さい。

お電話での前予約につきましては、
必ずお電話番号をお伝え下さい。
(携帯電話をお持ちの方は携帯電話の番号をお願いします。)
宜しくお願い致します。

お知らせ
皆さんこんにちは。
今日はまったり中の髭の店長です。

5月28日(月)より、カネスエさんの営業時間が8時~21時までとなります。
予定では、夏季営業との事で9月30日(日)までみたいです。

当店は基本10時~20時(最終受付19時)ですが、
5月28日(月)~9月30日(日)の間、
ご予約が入れば21時まで営業するつもりです。

ただし、施術が終わる時間が20時を過ぎるご予約は、
当日予約のみとさせていただきますのでよろしくお願い致します。

ご予約時間は今まで通り、最終受付19時のままですので、
19時までにお電話でのご予約をお願い致します。

都合により、お取りできない場合もありますので、
ご了承お願い致します。


話は変わり、昨日のばーちゃんですが、
ばーちゃんの姉妹がお見舞いにきてくれたそうです。

ばーちゃん薄目で起きていて、
かーちゃんが「直樹が昨日(木曜日)来たよ」
と話しかけたら、
「うんうん」って首を振って返事したと(^-^)/
どーやら僕の事は分かるみたいです(ノω`*)ノ

かーちゃんは、その事以外は何も話さないので、
あまり良くない状態のままだと思いました・・・

来週の木曜日は朝お見舞いに行き、
天気が良ければ、ばーちゃんの家に行こうと思っています。

家に誰もいないのですが、仏壇に手を合わせてご先祖様とじーちゃんのお墓参りをしてきます。
入院直後まだ意識があり喋れる時に、
ばーちゃんが仏壇に手を合わせたい、と言っていたそうなので、
お仏壇とお墓の写真を撮って、ばーちゃんに見せてあげようと思うのですが、
仏壇とお墓って写真に撮ってもいい物なのか???

分かる方がいましたら、教えていただけたら有難いです。
宜しくお願い致します。

毎日仏壇に手を合わせ、お水とご飯などを朝昼晩お供えしていたので、
ばーちゃんの習慣なんですね(*^_^*)

ちびっ子の時からずっと「ご先祖様は大切にしないとイカン」と教えられました。
お土産などで食べ物を頂くと、必ず最初に仏壇にお供えします。

毎年お盆には和尚さんに来ていただいたり、お正月にはお餅をお供えしたり。
とにかく、じーちゃんとばーちゃんはご先祖様を大切に大切にしていますo(^▽^)o

来週晴れるといいな~。

肺挫傷
皆さんこんにちは。
最近よく寝る髭の店長です。

昨日の朝にお見舞いに行ったのですが、
ばーちゃんずっと寝ていました。

看護師さんが、「○○さんお孫さんが来てくれましたよ~!起きてー!」と、
何回も、ばーちゃんを起こそうとするので、寝させといて大丈夫ですよ(笑)と制止しておきました(笑)
(皆さんが想像するよりはるかに大きな声だと思います(笑))

火曜日に喉(気管)の切開手術をして、直接気管から酸素を送るようになりました。
寝ていましたが、口からチューブを入れられているより苦しくなさそうでした。

でも酸素濃度は50%になっており、だいぶ高い濃度・・・
手と足も先週より浮腫んで、手を握ると凄く冷たかった。

酸素を送るには、
1..酸素マスク
2.チューブを口から入れての供給
3.気管から直接の供給
があるみたいです。
ただし3つ全部、自分の力で肺が動いている事が前提。

ばーちゃん今3の段階です・・・

肺挫傷なのですが、胸を強打したりすると起こる事があります。
最初は「何か胸のあたりが少し痛いなぁ」くらいの場合も。

しかし、1週間くらいで急変してそのまま亡くなる方もいます。
肺挫傷は凄く怖い外傷です。

お見舞いの後に伯父さんと15分位話しをしたのですが、

今現在は、ばーちゃん自分の力で肺を動かす事が出来ています。
それが無理になったら機械で動かすようになるのですが、
それはやらないで下さい、とお医者さんに伝えたと。

ばーちゃんの子供の伯父さんと母親が決めた事なので、
僕は伯父さんの話を黙ってうなずき受け入れました。

何も考えなくていいから、自分の意見を言ってくれと言われたら、
僕個人の気持ちは、「なんでもいいから生きていてほしい!」だけですが、

ばーちゃんの事を1番に考えると、これ以上痛い思いや苦しい思い、辛い思いをさせたくない・・・
と思ったので何も言えませんでした。

良くなってもいないですし、急激に悪くもなっていない状態。
徐々に悪くなっていますが、悪いは悪いなりに頑張っています。

でも肺に対する手術は何もできない・・・
あとは投薬とばーちゃんの免疫力のみ。

伯父さんは言わなかったですが、
もう後が無い状態だと僕は感じました。

ばーちゃんを毎日24時間エネルギー整体で施術している状態にしています。
鈍感な僕でさえ、凄くばーちゃんのダメージを感じる位・・・

何とか乗り越えて欲しい。
木曜日のばーちゃん
皆さんこんにちは。
昨日書いたブログが何故か消えてしまいショックの髭の店長です。

3日の木曜日にばーちゃんのお見舞いに行ってきました。
まだEICUに入院中の為、カメラ付きインターホンで中にいる看護師さんに解錠してもらい入室です。
入室したら直ぐに手洗いとマスクの着用。

ばーちゃんのベッドに行くと、先生が2人・看護師さんが4~5人いました。
何かあった??と少しビックリしていたら、
先生が「今日の担当医の○○です。お願いします」と挨拶をしにきてくれ、
「左肺のリンパ液の量が減ってきたので、今チューブを抜きました」とo(^▽^)o

脚のガーゼも取れていて、傷口もこの位になったら空気に触れさせた方がいいのでガーゼとりましたと(*≧∪≦)

少し先生に聞きたい事があったので質問していたら、
「医療関係者の方ですか?」と聞かれました。
3~4年前に母親が緊急入院した時にも全く同じ事を言われました。

自分では普通の質問をしたつもりなのですが、質問の内容か質問の仕方なのか分かりませんが、
毎回医療関係者に思われるみたいです・・・

ばーちゃんが起きていたので、
私  「ばーちゃん分かる?」
ばーちゃん首を小さ~く縦に2回振ってくれました。

まだ口からチューブで酸素を送っているので喋る事ができないのですが、
「なおちゃん」と口も動かしてくれましたよ(T_T)

ばーちゃん、目も完全にはまだ開く事も出来ないのですが、
僕の方を見ながら手を動かそうとしています。

僕が手を握ると「ギュウッ」っと握り返してくれました。
体中痛いはずなのに(ノ_<)

喋りかけると、頑張って喋ろうとします。
喋ろうとすると、3つ位あるモニターの1つが「ピーピーピー」と音が・・・・・

看護師さん出動です(笑)
大丈夫かな?と心配しながら見ていると、
看護師さん  「喋ろうとして肺に酸素が多く入っただけだから大丈夫ですよ」
安心しました。

喋ろうとしている時は苦しそうなので、
私  「ばーちゃん苦しいから喋らんくっていーよ」
それでも喋ろうとするので、また「ピーピーピー」(笑)

しばらくすると伯父さんが来ました。
じーちゃんのお葬式以来に会いましたので10年振り位かな?


伯父さんがばーちゃんの手を握ろうとしたので代わったら、
ばーちゃん伯父さんの手を握らずに、首を横に2回小さく振って、
目で僕を見ながら「なおちゃん」と口を動かします。

伯父さん  「直樹がいいって(笑)」
僕に代わったら、ばーちゃん「ギュウッ」っと握りました(笑)

そんなこんなで、あっという間に面会時間が終わり、
伯父さんとEICUの待合室で1時間位色々と話ししました。

その時に、事故直後・緊急手術後・2回目の手術後のレントゲン写真のコピーを見せてもらいましたが、
左大腿骨の骨折がそうとう酷かった・・・開放骨折でした・・・
大切な血管や神経の損傷が無かったのが幸いでした。
血管や神経の損傷が酷いと壊死をしてしまうので切断をしないといけません。


ばーちゃんの事故後の車の写真も見せてくれたのですが、
よく命があったなぁ、と思うくらい運転席はペシャンコでした・・・

伯父さんに聞いたのですが、クモ膜下出血もあったみたいです。
でも手術はしていないと。

かーちゃんが15年位前にクモ膜下出血をした時も、
原因の箇所が分からなくて手術をしなかったのですが、何にも後遺症も無かったから、
ばーちゃんも同じかな?
ばーちゃんも今のところ麻痺などは無いみいたい。


次の日に、かーちゃんと伯父さんがお見舞いに行ったのですが、
伯父さんがかーちゃんに、
「他の孫とひ孫の時と全然目が違った」と言ってたみたいです。

かーちゃん 「僕が来た事覚えていた。他の孫とひ孫の事は分かってもいなかったし覚えてもいなかったのに。」と。
ばーちゃんも、僕がばーちゃんっ子なのが分かっているのかな?(/∀\*)

だいぶ顔や手足のムクミは良くなってきています。
ばーちゃん一生懸命頑張っています。

EICUの先生・看護師さん、毎回全員の方が挨拶をしてくださり凄く感じがいい病院です。
ばーちゃんの事を宜しくお願いします。

面会時間が10時30分~11時30分・14時30分~15時30分・18時30分~19時30分
の1日3回、時間厳守の為、僕は休みの木曜日にしか行くことができません。

今度の木曜日もお見舞いに行ってきますo(^▽^)o

ちなみに、先生も看護師さんも沢山いるのですが、
看護師さん全員マスク着用していますが、美人の方が多いです(笑)


ブログを読んで心配してくださっている皆様、
ばーちゃんの事を心配していただき本当にありがとうございます。